『やかげ町家交流館』周辺 (矢掛町)

矢掛町は、旧山陽道の宿場町として栄えた町で、今なお往時の風情をしのばせる町並みが残されている。特に、参勤交代で往来した大名が宿泊した本陣とその補佐的役割を果たした脇本陣が健全な姿で残されており、全国で唯一、本陣脇本陣の両方が国指定重要文化財となっている。東西800mある町並みは、地域の人々が生活をしながら守り続けており、今なお商店街として地域商業の中心地となっているとともに、矢掛の宿場まつり「大名行列」等町並みを舞台にした四季折々のイベントが開催され、多くの観光客が訪れている。また、近年では、古民家再生事業により交流施設「やかげ町家交流館」や宿泊施設「矢掛屋」が整備され、より賑わいを見せている。 

 

矢掛町(ウィキペディア)

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A2%E6%8E%9B%E7%94%BA

岡山県矢掛町公式観光サイト やかげ観光ネット

http://www.yakage-kanko.net/

 


やかげ町家交流館

概要 土産物,民芸品,特産品販売等

 

営業時間 10:00~18:00  (年中無休)

所在地 小田郡矢掛町矢掛2639
TEL  (0866)66-4446


アクセス
井原鉄道矢掛駅/徒歩10分
駐車場 あり



フィールドワークの場所

やかげ郷土美術館

やかげ町家交流館


旧矢掛本陣石井家

旧矢掛脇本陣高草家